岡山県の公園・温泉施設 最新の記事はこちら


-PR-

岡山県の公園・温泉施設津山市の公園・温泉
> 鶴山公園(かくざんこうえん)/津山城跡 ~津山市~

00_鶴山公園_トップ_R 鶴山公園(津山城跡)

鶴山公園は、津山市の公園(城跡)です

JR津山駅から、徒歩15分。

西日本随一の桜の名所で、津山市で一番の観光スポットではないでしょうか。
近くには、「衆楽園」 などがあります

津山駅・鶴山公園周辺の宿泊施設はこちら


鶴山公園
■住所:岡山県津山市山下
■TEL:0868-22-4572
■開園時間:<4~9月 8:40~19:00>、<10~3月 8:40~17:00> 
■入場料:210円(小中学生:100円)



特徴:

2週間くらい前に、「鶴山公園の彼岸花がきれいに咲いてます。」という新聞記事を見た頃に

鶴山公園にお出かけしてみました


天気が良くて気持ちよかったですよー

鶴山公園_出入り口_R


こちらは、登り口右側にある「つやま自然のふしぎ館」。けっこうレアなものが置かれているとか。
鶴山公園_つやま自然のふしぎ管_R


津山城の再現図。今現在は、平成17年に再建された「備中櫓」くらいしか建物はありません。
鶴山公園_津山城跡_R


津山城について・・・私には少々難しいのでコピペ。

「津山城は、もと山城のあったこの鶴山の地に森忠政が慶長9年(1604)に起工し、元和2年(1616)の完成まで13年の歳月をかけて築いた輪郭式の平山城です。
往時には五層の天守閣がそびえていましたが、この天守閣は弓狭間・鉄砲狭間・石落し等の備えを持ち、唐破風・千鳥破風等の装飾のない実戦的なものでした。
また、本丸・二の丸・三の丸には、備中櫓をはじめ、粟積櫓・月見櫓等数多くの櫓が立ち並び、本丸には70余の部屋からなる御殿と庭園がありました。
この城が築かれた当時は、我が国の築城技術が最盛期を迎えた時期にあたり、津山城の縄張りの巧妙さは攻守両面において非常に優れたもので、近世平山城の典型とされています。
明治6年廃城令によって城郭は公売され、翌7年から8年にかけて天守閣をはじめとする一切の建物が取り壊されましたが、豪壮堅固な石垣は残りました。
その後、明治33年(1900)城郭は鶴山公園として津山町の管理となり、昭和38年に国の史跡に指定されました。」
(案内看板より)



鶴山公園_津山城跡説明_R


鶴山公園では、季節を通じて、さくら、はくれん、あじさい、つつじ、ふじ、もみじ、ひがんばなが観賞できます。
鶴山公園_花の見頃_R


備中櫓を目指しながら、彼岸花を撮影してみましたー
鶴山公園_彼岸花3_R
鶴山公園_彼岸花4_R


昔、お城があったあたりは、綺麗な庭園になっています。
鶴山公園_庭園_R


そしてこちらが備中櫓!!桜の季節でないのがちょっと残念
鶴山公園_備中櫓0_R

鶴山公園_備中櫓3_R


こちらが、備中櫓の中。日本建築っていいなー。なんて思います。
鶴山公園_備中櫓の中3_R


高い所から、津山の景色を楽しみ、美味しい空気を吸って鶴山公園を後にしました
鶴山公園_景色_R












関連記事

津山市の公園一覧はこちら









トップページへ


「岡山県の公園・温泉施設」の主なコンテンツ

トップ

公園 / 温泉 / グルメ

ペットと宿泊 / アウトレットな宿

水族館 / 動物園 / 遊園地 / 映画館 / 美術館

キャンプ場 / 花火大会 / プール / 海水浴場 / ジェラート / ホタル

梨狩り / 栗拾い / ぶどう狩り / りんご狩り

お花見スポット(桜) / 紅葉スポット / 美しい森

スキー場 /  スケート場 /  イルミネーション

ひまわり / コスモス
芸能人 / 小豆島




-PR-









2010.10.16(23:13)|津山市の公園・温泉コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
-PR-
トップページ
岡山県の公園
岡山県の温泉
岡山県のグルメ
他県の記事
iPhone4のこと
サブカテゴリー
ブログランキング
お気に入りブログ
メールはこちらから
RSSリンクの表示
FC2カウンター
全記事表示リンク
口コミサイト


岡山県 旅行情報
岡山県 旅行情報

当ブログは、トリップアドバイザーに掲載されています。